ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

Google+ ハングアウト

・ このページの最終更新日時 2015年8月4日 (火) 08:22




Google+ ハングアウト」の掲示板 / コメント

Google+ ハングアウト
Hangouts Icon.png
Google hangouts on android.png
ハングアウトのスクリーンショット
作者 Google
開発元 Google
最新版 2.1.311 (Android) / 2014年6月20日(2年前) (2014-06-20
2.1.0 (iOS) / 2014年6月24日(2年前) (2014-06-24
対応OS Android 2.3以降
iOS 6.0以降
対応言語 多言語
サポート状況 開発中
公式サイト http://www.google.com/hangouts/
テンプレートを表示

Google+ ハングアウト(グーグルプラス ハングアウト、Google+ Hangouts)(旧名称:Google トーク)は、Googleが提供する統合メッセージングサービスである。

PC用にはGoogle Chromeの拡張機能、モバイル向けにAndroidiOSソフトウェアが提供されている。なおこれらは「ハングアウト」という名称で公開されており、「Google+ ハングアウト」ではない。

概要[編集 | ソースを編集]

SMSMMSの他、文字によるチャット機能や最大150人まで参加可能な「グループハングアウト」(グループチャット)、音声によるインターネット電話機能を備える。またビデオ電話機能が搭載されており、ビデオ電話機能による「ビデオハングアウト」では同時に最大10人までの会話ができる。

「ハングアウト オンエア」(「ハングアウト」のライブストリーミング)が可能で、Google+やYouTube(YouTubeライブ)上で一般公開されているさまざまなトピックの視聴もできる。

Google ドライブと連携して、離れたところにいる人と画面共有・共同作業を行うこともできるようになっている。

PC版ではChrome リモート デスクトップとの連携ができる。これはハングアウトで通話しながら、相手のパソコンをリモート操作してトラブルシューティングするなどの使い方ができる[1]

専用アプリ等がなくともSMSやMMSの利用が可能だが、リリース当初はauの大半の端末及びソフトバンクモバイルの一部[2]端末などで、元からのSMS(auのCメールを含む)や一部メールアプリが競合してしまい、どちらのアプリでも自動受信ができない不具合が発生することが明らかになり、ハングアウトでの自動受信を停止することを推奨していた[3]。なお、NTTドコモの端末では、いずれのものでも当該現象は起きていないことが明らかになっている。

因みに、ワイモバイルスマートフォンY!mobileブランドで発売されたものとEM01L)やKDDIバリューイネイブラーおよび沖縄バリューイネイブラーが提供するUQ mobileブランドのスマートフォンは、本アプリでMMSを行う仕様となっている。

歴史[編集 | ソースを編集]

2013年5月15日Google トークの後継として公開された。これをもってGoogle トークはサービス終了した。「ハングアウト」はGoogle+の一機能だったが「Google I/O 2013」で再定義され総称となった[4][5]

関連項目[編集 | ソースを編集]


脚注[編集 | ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. Google+ ハングアウトにリモートデスクトップ機能、対面通話しながら遠隔操作サポート
  2. シャープ製のほとんどと富士通モバイルの端末のうち、201Fおよび202Fのような、オペレータ提供アプリ(「SoftBankメール」アプリ)ではなく、端末メーカ独自のアプリにより、いわゆるキャリアメールの送受信を行う端末が該当。ウィルコムの端末でも該当例があるとされるが、EM01Fを含むイー・アクセスではなぜか該当例が報告されていない。
  3. auのEメール自動受信、Google「ハングアウト」のSMS機能と競合
  4. Google、ハングアウトのSMS対応やGoogle+の新写真編集機能を発表
  5. ハングアウトでSMS送受信

外部リンク[編集 | ソースを編集]








「Google+ ハングアウト」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「Google+ ハングアウト」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「Google+ ハングアウト」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus