ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

Chromecast

・ このページの最終更新日時 2014年12月28日 (日) 17:07




Chromecast」の掲示板 / コメント

Chromecast
Chromecast dongle.jpg
Chromecast本体
開発元 Google
種別 デジタルメディアレシーバー
発売日 2013年7月24日 (2013-07-24)(米国)</br>2014年5月28日 (2014-05-28)(日本)
電源 Micro-USB port
SoC Marvell DE3005-A1[1]
入力機器 Wi-Fi (802.11 b/g/n @ 2.4 GHz)
外部接続 HDMI
オンラインサービス
サイズ 72 mm × 35 mm × 12 mm
重量 34 g
前世代ハード Nexus Q
ウェブサイト Chromecast
Chromecast(クロームキャスト)は、Googleが開発・販売するドングル型のデバイス。テレビのHDMI端子に接続してWi-Fiで繋ぐことで、パソコンやスマートフォン、タブレットなどで表示しているクラウド上の映像、音楽、写真、ウェブページなどの高品位画像をテレビで観ることができる。

概要[編集 | ソースを編集]

2013年7月24日に米カリフォルニアサンフランシスコで開催されたイベントで発表され[2]、同日アメリカ国内向けに発売を開始。価格は35ドル。YouTubeNetflix、Google Play Music、Google Play Movieに対応している。

Google TVAndroidをベースにしたOSを搭載する[3][4]AndroidiOSモバイルデバイス上のアプリおよびGoogle Chromeの動作するPC(WindowsやLinux)から制御できる。開発者が自分のアプリをCastできるようにGoogle Cast SDKのデベロッパプレビューも公開された。

日本国内においては、2014年5月28日に発売を開始。価格は4,200円(消費税別)[5]。国内での販売開始に合わせ、dビデオNTT DoCoMo)・ビデオパス(au)ビデオマーケット 動画見放題・演劇がいつでも観られる「観劇三昧」がChromecast対応を発表している。

2014年、Google I/Oにて、画面のミラーリング機能が今後のアップデートによって公式対応することを述べた。対応モデルはNexusシリーズGalaxy S4Galaxy S5LG G2LG G2 ProHTC One M7などが対象。[6]

2014年7月10日に公式アプリのバージョン1.7のアップデートを伴って、画面のミラーリング(ベータ版)の機能が対応になった。

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. Google Unveils $35 Chromecast HDMI TV Stick”. Cnx-software.com. 2013年7月26日閲覧。
  2. Google、テレビのHDMI端子に挿すChromecast を発表。価格は35ドル - Engadget Japanese
  3. Chromecast rooted, operating system detailed”. androidcentral. 2013年10月8日閲覧。
  4. Chromecast hacked: It’s based on Google TV and Android, not Chrome OS”. extremetech. 2013年10月8日閲覧。
  5. Google、「Chromecast」を日本でも5月28日発売、税別4200円ケータイWatch、2014年5月27日)
  6. 速報:Chromecast がAndroid 画面ミラーリングに公式対応。自前写真の表示や同一LAN制限廃止など - Engadget Japanese

関連項目[編集 | ソースを編集]

  • Apple TV - こちらはAirPlay対応端末から映像が配信される仕組み。

外部リンク[編集 | ソースを編集]







「Chromecast」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「Chromecast」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「Chromecast」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus