ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

Android デバイス マネージャー

・ このページの最終更新日時 2015年8月4日 (火) 10:58




Android デバイス マネージャー」の掲示板 / コメント

Android デバイス マネージャー
Android Device Manager logo.png
開発元 Google
初版 2013年8月4日(3年前) (2013-08-04[1]
最新版 1.2.12 / 2014年5月29日(3年前) (2014-05-29
対応OS Android 2.3以降
サイズ 1.8 MB
対応言語 多言語
サポート状況 開発中
種別 位置認識、モバイルアプリケーション
ライセンス フリーウェア
公式サイト http://www.google.com/android/devicemanager
テンプレートを表示

Android デバイス マネージャーとは、Googleによって開発された、Android端末の位置情報逆探知サービスである。

概要[編集 | ソースを編集]

Android端末GPS無線LANなどで位置情報を測位し、別のデバイスから端末の位置の表示、及び遠隔操作するサービス。無くした端末を別のデバイスから見つけ出す事が主な用途とされる。

機能[編集 | ソースを編集]

Android デバイス マネージャー上では地図が表示されて、そこには登録した端末の位置情報が探知され次第表示される。またサイレントモードになっていても強制的に着信音を鳴らしたり、リモートで工場出荷状態にリセットするセキュリティ機能を有する。[2] 2013年9月にはリモートロック機能が追加され、初期化せずとも他者が使えないようにするセキュリティを有するようになった。[3]

端末の電源が切れていたり圏外オフラインになると機能しなくなる。この場合、電源が入り通信が繋がり次第に操作が自動実行される仕様になっている。[4] なお端末を初期化すると、SDカード内のデータや設定情報などが全て消去されて追跡が不可能となるため、初期化は無闇に実行せず最終手段とするのが好ましいとされる。[5]

歴史[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. Google、Android端末を探す「Android デバイス マネージャー」を公開
  2. Google、Android端末を探す「Android デバイス マネージャー」を公開
  3. Google公式「Android端末を探す」にリモートロック機能が追加
  4. Androidスマホ紛失の正しい対処
  5. Androidスマホ紛失の最終手段、初期化は30秒で完了!スマホを紛失した際の正しい対処の手順






「Android デバイス マネージャー」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「Android デバイス マネージャー」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「Android デバイス マネージャー」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus