ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

開国

・ このページの最終更新日時 2017年2月5日 (日) 15:24




開国」の掲示板 / コメント

かいこく

鎖国日本が欧米近代世界に後発国として包摂されたこと。欧米ではウィーン体制の国際的安定期自由貿易近代外交システムの普遍化が起った。東アジアでは アヘン戦争中国イギリスに屈して不平等条約のもとで開国し,日本にはアメリカとロシアが1853(嘉永6)に開国を要求して来航。江戸湾に蒸気軍艦で侵入する砲艦政策を用いた ペリーが翌年(安政1) 日米和親条約を締結し,箱館と下田が寄港と補給のために開港され,イギリスやロシアなども続いた。日本では市場経済が発展しており,諸藩の商業政策も活発で, 一橋派大名のように貿易に積極的な 開国論が登場し,大勢を占めるのが特徴。その後,アメリカ総領事 ハリスの威圧的な自由貿易要求に対して,幕府も世界の大勢を判断して漸進的な開国を決断。58(安政5)に 日米修好通商条約が締結され,続いて 安政五か国条約が結ばれた。片務的領事裁判権,協定関税,片務的最恵国条項のある不平等条約のもと,生糸などが輸出され,綿製品などが輸入された。日本は発展した市場経済のために貨幣市場の混乱や国内の衣料生産部門の衰退が急速に起ったが,一定程度発展した経済によって欧米に対する自立を遂げてゆく。







「開国」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「開国」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「開国」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus