ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

連立政権

・ このページの最終更新日時 2016年8月30日 (火) 12:11




連立政権」の掲示板 / コメント

coalition government

異なった主義主張を持つ政党が、党の独自性を残したまま政策協定を結んで一つの政権を担うこと。比例代表制を採用する諸国では一般的な現象。比例代表制下では、第一党といえども過半数を占めることはまれ。このため、比較第一党は、主義主張が近い政党との間で政策協定を結び連立内閣を構成するか、閣外協力を得て少数内閣を形成する。わが国では、連立内閣を不安定と見る向きが多い。連立内閣が不安定になるか否かは、国の基本政策外交・防衛・福祉政策など)に関して、政党間(国民間)に基本的な合意があるか否かによる。一九九六(平成八)年一月誕生の橋本内閣連立政権。わが国の連立政権が不安定な理由は、(1)政党間のみならず政党内にも政策上の意見の違いが存在する、(2)将来の政界再編・政権をにらんで、各政党に分裂を避ける慣性が働いている、(3)個々の議員自らの当選可能性を念頭に離合集散を繰り返していることなどが原因。しかし、連立政権の登場が自民党政権下では取り上げられることのなかった政策課題を表面化させたことも事実。小選挙区を中心とした新制度の衆議院選挙の下では巨大な政権政党が生まれる可能性もある。国民の多様な要求を一貫した政策に集約できる政治勢力の形成が待たれる。







「連立政権」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「連立政権」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「連立政権」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus