ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

軍国主義

・ このページの最終更新日時 2015年12月2日 (水) 20:52




軍国主義」の掲示板 / コメント

ぐんこくしゅぎ

国家と社会において,戦争ないし戦争準備のため政治・経済・文化・教育など国民生活のあらゆる面で軍事を優先する体制,およびそのイデオロギー日本近代軍隊は〈天皇軍隊〉として社会に対して優越した存在とする観念の下で, 統帥権の独立と 軍部大臣現役武官制などの諸制度により議会政府から独立した存在であった。日清日露戦争の勝利により軍部の政治的地位は上昇し,その発言力は増大,社会的にも軍国主義思想が浸透した。第1次戦後の一時期,デモクラシー軍縮の風潮のなかで後退したが,他面, 総力戦準備のため人的物的に全ての国力を軍事に動員する必要が強調され, 在郷軍人会の活動,学校の 軍事教練, 青年訓練所などをつうじて社会・教育の分野に軍国主義浸透した。満州事変後の15年戦争期には,日本の国家と社会を蔽うイデオロギーとしても体制としても確立。1945年の敗戦による連合軍占領下で軍隊解散軍国主義の社会的基盤が除去され,また,日本国憲法第9条平和主義が定着した。しかし,50年の朝鮮戦争契機に再軍備が行われ,軍備の増強に伴って近隣諸国からは軍国主義復活が警戒されている。







「軍国主義」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「軍国主義」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「軍国主義」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus