ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

身分

・ このページの最終更新日時 2016年8月11日 (木) 13:31




身分」の掲示板 / コメント

status

歴史学上の「身分」概念には、二つの意味合いが含まれる。第一には、人間を階層として区分し等級に従って差別することである。日本近世における士農工商や、西欧における三身分(聖職者・戦闘貴族・農民)などは、上下関係を明白にした序列である。しかし、士農工商にしても、はたしてこれが江戸時代に一般的に受け入れられた社会通念であるかどうかは、近年疑問視されており、検証が必要である。第二には、身分社会集団・団体の権利・地位保障原理であり、「社団」とも表現される。社団への帰属は生活や価値感覚を保全し、全体の中の部分の位置を確定する。したがって、歴史上で身分社会とか、身分制議会という場合には、市民社会に先立つ古めかしさを強調する反面、特有の安定システムをもった別種の社会として観察することも可能である。







「身分」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「身分」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「身分」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus