ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

財閥解体

・ このページの最終更新日時 2015年11月17日 (火) 19:52




財閥解体」の掲示板 / コメント

ざいばつかいたい

戦後占領期に実施された改革の一つ。広義には,独占禁止政策,集中排除政策も含む。1945年11月三井・三菱・住友・安田の4大財閥財閥本社の解体が決定したが,財閥解体の全体構想は46年3月のエドワーズ調査団報告書により示され,この構想にそって46年春以降本格的に始まった。財閥解体政策の中核は株式保有に基づく財閥による企業支配の解体であり,83社が 持株会社に,56家族が財閥家族に指定され,持株会社および財閥家族の保有株式強制譲渡が行なわれた。政府機関として46年8月持株会社整理委員会が設置され,この機関に集中された株式証券処理調整協議会を経て売却された。その他,財閥家族,財閥経営者役員就任禁止や財界人の公職追放など,財閥の人的支配を断切る措置もとられた。独占禁止政策としては,47年4月 独占禁止法,同年12月 過度経済力集中排除法公布されたが,米国占領政策の転換により徹底した措置とはならなかった。51年6月関係法令の原則的廃止を決定。







「財閥解体」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「財閥解体」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「財閥解体」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus