ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

議会制民主主義

・ このページの最終更新日時 2016年8月30日 (火) 12:16




議会制民主主義」の掲示板 / コメント

ぎかいせいみんしゅしゅぎ

議会制民主主義の原則が確立して久しいが、現在、あらためて問われているのは、議会制の機構原理が真に民主主義の精神に合致しているか、ということである。社会のあらゆる領域で巨大組織集団が形成されている現代における民主制は、政党をはじめ労働組合、その他の利益集団や圧力団体の活動を前提としそれらによって代表される国民各層の利益議会で統合されてはじめて現実に有効な国民意思が形成される。
このため、現代社会においては、従来の民主制機構、特に議会制が憲法の上では形式的にその古い姿を維持しているように見える場合でも、もはや以前の古典的民主制と同じではなく、既に政党国家的民主制の機構に転化しているのであって、その基本的構造においては自由主義代表民主制とはまったく異なるものであることが指摘されている。
しかし、このことは必ずしも議会の存在理由がなくなったということまでも意味するものではない。他方、今日の議会は、伝統的な議会の第一次的機能とみなされてきた立法活動よりもむしろ議会における公開の討論を通じて世論の形成に影響を与えるという意味を持ち、議会審議の公開性は、国民投票的性格を強めてきたということができる。
このような議会制民主主義の変様の中にあって、国会議員を選出する選挙制度の在り方について、次のような点が問題になっている。すなわち、第一は選挙区制における定数不均衡の解消の問題(議員定数配分規定の違憲判決想起)、第二は公務員選挙(政治)活動の制限の問題、第三は選挙活動における戸別訪問の禁止(公選法一三八条)、文書図画の頒布(同法一四二条~一四六条)および事前運動(同法一二九条)の制限の問題、第四は政治資金規正法をめぐる改革の問題である。







「議会制民主主義」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「議会制民主主義」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「議会制民主主義」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus