ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

著作権法

・ このページの最終更新日時 2016年8月11日 (木) 14:29




著作権法」の掲示板 / コメント

Copyright Act

文学、学術、美術写真音楽脚本などの創作保護するための法律で、一八九九(明治三二)年に制定され、その後十数回改正されたが、一九七○(昭和四五)年に根本的に改められて現行著作権法ができた。保護期間は、原則として著作者の死後五○年間で、その間利用するときには、著作権料を支払わなければならない。著作権等を侵害した場合は、三年以下の懲役または三○○万円以下の罰金に処せられる。二○○○(平成一二)年の改正法は、海賊版パソコンソフトの違法コピーを防ぐため、著作権を侵害した法人に対する罰金の上限を三○○万円から一億円に引き上げた。新著作権法著作隣接権neighboring right)として、実演家、レコード製作者、放送事業者の権利についても詳細な保護の規定を設けている。その後、情報化社会に特有な権利等をこの法律保護するため、同法の改正がかなり行われた。また、著作権法の網の目は解釈上も細かくなってきた。最高裁第三小法廷八八年三月一五日、スナックなどで客が歌うカラオケにも著作権演奏権)が及ぶかどうかが争われていたカラオケ著作権訴訟で、カラオケ演奏にも著作権が及ぶとの初判断を示した。








「著作権法」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「著作権法」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「著作権法」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus