ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

統計

・ このページの最終更新日時 2016年11月24日 (木) 04:18




統計」の掲示板 / コメント

statistics

確率とともに不確定事象を対象にしているので数学の領域外とされ、一七世紀になってようやく数学の仲間入りをしている。「数量の表」はピラミッド万里の長城の建造には多数の人、食糧、材料などを記録し、大変古くからあった。が、数学ではこれをふつう『統計』とはよばない。統計というのは、その表の奥に含まれているある傾向や特徴などを読み取ることである。イギリスにおいてはジョン・グラントが六十余年間のロンドン市の死亡表から社会統計学を、ドイツでは三○年戦争後の状況をまとめた経済学コリングの国勢統計学が、現在の統計の出発点で、統計の歴史を大雑把にまとめると、現在まで次の五段階がある。
(1)記録時代―統計資料(素朴な統計
(2)記述時代―統計学(学問の成立)
(3)関数時代―数理統計学
(4)推計時代―推測統計学確率論を導入)
(5)検定時代―管理統計学(推計に加え検証もする)








「統計」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「統計」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「統計」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus