ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

稲作

・ このページの最終更新日時 2016年12月6日 (火) 17:29




稲作」の掲示板 / コメント

いなさく

稲はイネ科の一年草大陸から縄文時代後期には北九州にもたらされ,日本稲作弥生時代水田農耕として定着した。古代・中世用水体系は溜池ためいけ灌漑に代表され,水田の分布は小河川流域ないし山間部の谷津田やつだに限られていた。しかし,近世用水体系は水源を河川に求めた用水路灌漑移行し,大河川中下流域の沖積層平野が大規模に開発され,稲作技術についても鉄製農具の普及,品種改良の進展,施肥技術の改善などがみられた。近代稲作は戦前の日本資本主義が〈米と繭の経済構造〉と称されたように日本経済の重要な産業部門であった。







「稲作」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「稲作」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「稲作」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus