ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

神道

・ このページの最終更新日時 2016年8月11日 (木) 13:41




神道」の掲示板 / コメント

しんとう

日本民族宗教日本の土着の信仰は,狩猟農耕などの生活に対応して多様であったが,稲作の伝来を契機に政治的な統一が進むにつれて,農耕儀礼を核に,神々をまつる現世主義的な宗教が成立した。日本書紀は,土着のカミを「易経」などに見える神道という語で表したが,中世に入って,神官が儒・仏に対して土着の信仰を表すのに,神道の語を用いるようになり,キリシタン宣教師がそれをXintoと記したことから,神道の語が外国に知られ,20世紀に入って,日本人の間でも神道という語が広まった。神道の神の観念を具体的に表しているのが祭りで,人々は生活の節目ごとに神を迎えて供応し,加護に感謝した。神々が来臨する場所に固定の施設はなかったが,やがて神殿が建てられ,神社が成立した。大きな神社には神官がいて神を祭り,国家には,全国の神社を司る神祇官が置かれた。教典としては,日本書紀神代巻,「古語拾遺」などがあげられるが,中世以降,数々の神道書が作られた。多様な性格を持つ神道は,さまざまに分類されているが,明治時代に形成された 国家神道は,国家を支える思想・宗教として大きな役割を果した。
神仏習合
伊勢神道
両部神道
吉田神道







「神道」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「神道」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「神道」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus