ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

発掘

・ このページの最終更新日時 2016年8月30日 (火) 11:10




発掘」の掲示板 / コメント

はっくつ

遺跡調査法の一種。地中に埋もれた 遺物・ 遺構によって人類の過去に関する諸情報を獲得する方法。現在の地表面から過去に時間を遡るかたちで掘るのが基本的形態。複数の層がある場合は上から下へと一層ごと掘り下げる(層位的発掘)。遺構であれば,重複関係等から製作手順を推測し,それとは逆に掘る。事前に地下の状況を把握するため溝状の試し掘り(試掘溝・ トレンチ)を入れる場合もある。遺構や遺物の検出に加え,それら相互の位置関係から時間的・機能的・社会的関係などを読みとることが重要で,そのためには遺跡を造った人,使った人の立場に立って考える必要がある。また自然遺物や環境をも考慮した学際的調査が求められる。近年は全国で年間1万件ほどの発掘が行われているが,調査者が研究目的で遺跡を選ぶ学術調査は僅かで,土木工事等に先立つ開発者の経費負担による緊急調査が多い。







「発掘」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「発掘」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「発掘」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus