ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

無条件降伏

・ このページの最終更新日時 2015年10月20日 (火) 20:52




無条件降伏」の掲示板 / コメント

むじょうけんこうふく

第2次世界大戦で連合国が枢軸国に対してとった戦争終結方式。1943年1月カサブランカ会談後にローズヴェルト米大統領が表明したのが最初。ファシズム打倒・民主主義擁護という連合国の戦争目的実現のため,従来の国際法が規定する以上の絶大な占領統治権限を連合国が握り,被占領国の政治・社会改革を行おうとする政策日本の場合は,米国がSWNCC(国務・陸・海軍三省調整委員会)21シリーズ日本無条件降伏〉で検討し, ポツダム宣言として発表された。日本が同宣言受諾に際し,日本の問合せに対するバーンズ米国長官の回答(日本政府国体護持に関する申入れ(8.10)に対する,天皇および日本国政府の国家統治権限連合国最高司令官従属するとの回答(8.11))をも受諾したことで日本無条件降伏は実現したとの学説が有力である。







「無条件降伏」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「無条件降伏」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「無条件降伏」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus