ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

江戸幕府

・ このページの最終更新日時 2016年8月11日 (木) 12:44




江戸幕府」の掲示板 / コメント

えどばくふ

徳川家康が全国支配を行なうために江戸に樹立した武家政権。実質的には家康が1600(慶長5)の関ヶ原の戦に勝利したときに始まるが,形式をも備えるのは家康が征夷大将軍に就任する03(慶長8)以降。家康の後,秀忠・家光・家綱・綱吉・家宣・家継・吉宗・家重・家治・家斉・家慶・家定・家茂・慶喜の15代,265年間続き,1867(慶応3)の大政奉還をもって終る。幕府職制は,中央に老中若年寄寺社奉行町奉行勘定奉行などを置き,また京都には所司代京都町奉行,大坂には大坂城代大坂町奉行,そのほか長崎奈良・堺・伏見駿府などの都市奉行を置き,さらに農村支配のために郡代代官を各地に派遣した。幕府の直轄地は,18世紀半ばには463万石となり,全国68か国中47か国に分布した。このほか重要都市鉱山を直轄し,大名を遥かに凌ぐ財政基盤をもった。200余りの大名には領地を与え,その支配を任せたが,武家諸法度軍役賦課・参勤交代巡見使派遣などによって厳しく統制した。外交面ではキリシタン禁止と貿易独占をはかる鎖国政策をとった。







「江戸幕府」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「江戸幕府」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「江戸幕府」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus