ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

日米安全保障条約

・ このページの最終更新日時 2016年10月6日 (木) 14:34




日米安全保障条約」の掲示板 / コメント

《にちべいあんぜんほしやうでうやく》

[英]the U.S.-Japan Security Treaty/Treaty of Mutual Corporation and Security between Japan and the United States of America
[軍]日本とアメリカとの軍事条約。略称は{安保(アンボ)},{安保条約}。
伊達判決
第6条(極東条項):⇒極東条項
1951. 9. 8(昭和26)対日講和条約とともにサンフランシスコ市陸軍将校集会所(現在:ゴールデンゲートクラブ)で調印。当日、サンフランシスコ平和条約は場所を変えて同市のオペラハウスで調印された。
1952. 4.28(昭和27)対日講和条約とともに発効、日本の独立が回復する。対日講和条約の発効により、占領軍命令やポツダム政令による反体制活動を取り締まる法的根拠を持たなくなったため、そ
れにかわるものとして一般国民の反対をよそに1952. 7.21(昭
和27)破壊活動防止法公安調査庁設置法などが公布された。
占領軍に対しては1952. 2.(昭和27)日米行政協定が調印された。
2007. 9.31(平成19)駐留米軍は陸軍2,460人、海軍3,789人、
空軍1万2,818人、海兵隊1万3,736人の計3万2,803人。
メーデー事件
チー事件),あくさ(アクサ,ACSA)(2)







「日米安全保障条約」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「日米安全保障条約」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「日米安全保障条約」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus