ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

日中国交正常化

・ このページの最終更新日時 2016年8月30日 (火) 12:55




日中国交正常化」の掲示板 / コメント

Japan-China diplomatic normalization

米中接近に刺激を受けた日本国内では日中国交樹立への動きが加速した。当時の佐藤栄作首相は基本的に対中姿勢を変えなかったが、続く自民党の総裁選では日中国交正常化公約に掲げた田中角栄が勝利した。田中新首相は大平外相とともに一九七二年九月中国を訪れ、毛沢東周恩来と会見し、中華人民共和国を承認することで外交関係を樹立した。これにより台湾中華民国との外交関係断絶した。日中国交正常化に際しては共同声明が発表され、日本側は「戦争を通じて中国国民に重大な損害を与えたことについての責任を痛感し、深く反省する」と述べ、中国側は日本に対する戦争賠償の放棄を宣言した。








「日中国交正常化」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「日中国交正常化」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「日中国交正常化」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus