ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

建築士法

・ このページの最終更新日時 2016年8月30日 (火) 09:40




建築士法」の掲示板 / コメント

建築基準法1950昭和25)年にできたときに同時に建築士法ができ、たびたびの改正の後現在に至っているが、建築士には1級建築士と2級建築士木造建築士の三つがあり、建築物の設計、監理を行う技術者の資格を定めている。それぞれの試験合格したのちに設計事務所の登録をして業務を行うことになる。

1級建築士試験は国土交通大臣が執り行い、2級建築士および木造建築士都道府県知事が行い、免許を出すことになっている。
1級建築士はすべての建築物の設計監理を行うことができ、2級建築士は一定規模以下の建築物についての設計監理を行い、木造建築士は木造のみの建築物の設計監理を行う。
外国の建築士免許を受けている者で、国土交通大臣が1級建築士と同等以上の資格を有すると認めた者は1級建築士免許を受け、都道府県知事が2級建築士および木造建築士と同等以上の資格を有すると認めた者は、2級または木造建築士免許を受けることができる。







「建築士法」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「建築士法」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「建築士法」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus