ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

廃藩置県

・ このページの最終更新日時 2016年8月30日 (火) 09:57




廃藩置県」の掲示板 / コメント

はいはんちけん

1871(明治4)に藩を廃して府県とした一大改革明治政府は,68(慶応4)閏4月の 政体書で地方を 府藩県三治制としたが,府県だけでは国家的課題の克服が困難で,翌年に 版籍奉還を断行。さらに郡県制度の徹底をはかり,同年6月に諸務変革,70年9月に藩制を制定した。廃藩を願い出る小藩も出現する一方,薩摩藩などの封建的割拠の打破が課題となり,政府は71年に薩長土3藩から 御親兵ごしんぺいを東京に集め,郡県制の強化を求める有力藩の建白を背景に,中堅官僚の意見を契機として,7.14に廃藩置県を断行した。これにより3府302県となり,旧藩知事(旧藩主)は家禄華族身分を保障されて東京に集められ,代って府知事・県知事が中央から派遣された。11月には3府72県に統合され,中央集権的体制が整えられた。







「廃藩置県」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「廃藩置県」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「廃藩置県」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus