ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

尖閣諸島

・ このページの最終更新日時 2016年10月9日 (日) 08:02




尖閣諸島」の掲示板 / コメント

せんかくしょとう《せんかくしよたう》

[日]Senkaku Shoto、[英]Pinnacle Islands
[地]沖縄県石垣市に属する、八重山諸島の北方約160キロメートルに点在する無人の小島群。琉球諸島に属する先島(サキシマ)諸島の一部。すべて火山島で、最大の魚釣島(ウオツリジマ)を主島として、久
場(クバ)島・大正島南小島(ミナミコジマ)・北小島(キタコジマ)と、3つの岩礁(沖北岩・沖南岩・飛瀬)から成る。英語名は{ピナクル諸島}、中国名は{釣魚島群島(Diaoyudao Qundao)(チョウギョトウ?グントウ)},{釣魚台列島(Diaoyutai Liedao)}。
石垣市
んせいしょとう(南西諸島)(1),ぴなくる(ピナクル)
〈面積〉
合計5.50平方キロメートル
魚釣島:3.82平方キロメートル
南小島:0.32平方キロメートル
北小島:0.26平方キロメートル
久場島:0.87平方キロメートル
大正島:0.04平方キロメートル。満潮時に露出している岩礁を合せた諸島全体での総面積は約
20平方キロメートル干潮時には約181平方キロメートル
久場島は{黄尾礁(コウビショウ)}とも呼び、中国名は{黄尾嶼(Huangwei Yu)(コウビショ)}。大正島は{赤尾礁(セキビショウ)}とも呼び、中国名は{赤尾嶼(Chi-wei Yu)(セキビショ)}。
1895(明治28)日本の領土に編入。
1896(明治29)古賀辰四郎魚釣島にカツオ節工場を設置。
1932(昭和 7)大正島を除く4島が開拓者の子供に払い下げられる。
1940(昭和15)カツオ節工場を閉鎖し、全島無人となる。第二次世界大戦後沖縄奄美とともにアメリカ軍の施政下となる。
1950(昭和25)伊良部島の漁師が南小島にカツオ節工場を設置。石垣島の漁師が魚釣島に加工所を設置。
1969(昭和44)周辺の大陸棚石油資源が埋蔵されていることが判明。
1971. 6.17(昭和46)沖縄返還協定の調印。同年、台湾・中国が領有権を主張。
1972(昭和47)沖縄とともに日本へ施政権が返還。
2012. 3.23(平成24)北小島国有財産台帳に登記。
2012. 9.11(平成24)日本政府、地権者から魚釣島南小島
北小島を2億5千万円で購入し国有化
周辺海域大陸棚に油田の存在が推定され、海底資源開発を
めぐり中国も領有権を主張、1970(昭和45)ころより帰属問題が発生している。
1970(昭和45)中華民国(現:台湾)、米国石油会社に油田調査を許可。
1978(昭和53)中国漁船108隻が尖閣列島で示威行動して日本巡視船の退去を要求。東京の政治団体が抗議上陸して魚釣島に灯台などを建設。
1988(昭和63)魚釣島の灯台、建て替え(高さ約5メートル太陽光発電)。
1992(平成 4)中国、同国の領海法で中国の領土と明記。中国返還直前の香港で領有問題が激化し、反日デモ・日本製
品の不買運動・在留邦人への暴行事件や、1996.10.(平成 8)釣魚島に灯台を建設するなどで日本人観光客の香港旅行のキャンセルが続き観光収入が激減。香港経済界の圧力で運動が沈静化した。
1999(平成11)台湾、領土として領海の基準線を設定。
2004. 3.24(平成16)中国の活動家7人が漁船から手こぎボー
トで魚釣島に上陸し、沖縄県警18人はヘリコプターで上陸して
7人全員を不法入国で逮捕、巡視船りゅうきゅうに収容。
2005. 2. 9(平成17)魚釣島の灯台の所有者(石垣市の漁業関係者)が所有権を放棄し、日本政府国有財産の手続きを行い、海上保安庁が維持・管理を開始。







「尖閣諸島」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「尖閣諸島」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「尖閣諸島」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus