ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

大政翼賛会

・ このページの最終更新日時 2016年10月9日 (日) 12:07




大政翼賛会」の掲示板 / コメント

たいせいよくさんかい《たいせいよくさかくわい》

[歴]1940.10.12(昭和15)第2次近衛文麿内閣の下、その側近らにより新体制運動を推進するため、諸政党を解党、労働組合を解散して組織された国民統制組織。首相近衛文麿が初代総裁、有馬頼寧(ヨリヤス)は初代事務総長
1941. 4. 2(昭16)大政翼賛会改組。国民組織を主張していた有馬頼寧事務局長ら辞職。
1942. 5.15(昭17)閣議で大政翼賛会改組を決定。各種国民運動を傘下に入れ、町内会・部落会などの指導強化。町内会・隣組などが組織され国民生活が簡単政府の指示・指令によって動かされる体制ができる。
1942. 6. 9(昭17)大政翼賛会副総裁安藤紀三郎国務相として入閣、翼賛会と政府との関係強化される。
1945. 6.13(昭和20)鈴木貫太郎内閣国民義勇戦闘隊結成のため、大政翼賛会および傘下諸団体が解散して併合される。
1940.10.19(昭15)岸田国士、大政翼賛会文化部長に就任、
1942 . 7.(昭和17)辞任。
1941.12.24(昭16)大政翼賛会による文化職域別愛国大会の一
環として、文学者愛国大会が開催、350人参加。
1943. 5.18(昭18)大政翼賛会文化部・情報局・文部省の指導により日本美術報国会創立、会長横山大観
1943. 7. 6(昭18)大政翼賛会日比谷で『みたみわれ』発表国民音楽会を開催。音文・音楽移動報国挺身隊を結成して、この歌を中心に国民歌唱運動を展開。







「大政翼賛会」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「大政翼賛会」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「大政翼賛会」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus