ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

和名類聚抄

・ このページの最終更新日時 2015年10月21日 (水) 00:12




和名類聚抄」の掲示板 / コメント

わみょうるいじゅしょう

和名を付した意味分類体の漢語辞書和名抄倭名類聚抄とも。 源順みなもとのしたごう撰。承平年中(931‐938)成立。醍醐天皇勤子内親王の命によって作られた。10巻と20巻本の2系統があり,その先後関係に定説はない。漢語和名を注することが目的であったようで,意味分類された漢語に,出典名・漢文注・字音注・和名を記す。引用文献は290余,「説文」「爾雅」「唐韻」など漢籍が多く,「日本紀私記」「楊氏漢語抄」「東宮切韻」などの国書もある。20巻本では,巻5~巻9には国名・郡名・郷名が挙げられ,当時の行政地名を網羅する。〔諸本集成和名類聚抄







「和名類聚抄」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「和名類聚抄」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「和名類聚抄」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus