ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

古代社会

・ このページの最終更新日時 2016年8月30日 (火) 10:22




古代社会」の掲示板 / コメント

こだいしゃかい

原始社会の次の最初の階級社会文明社会の第1段階の社会。日本では,1~3世紀の倭人の小国や邪馬台国の時期,あるいは,同時期を古代社会への過渡期と見る場合には3世紀後半~6世紀の 古墳時代の時期からと考えられている。戦前には,日本社会の世界史的位置を明らかにし天皇制支配に現れるような専制主義を批判するために,古代社会アジア的生産様式, 奴隷制, 農奴制などに規定する試みがなされた。戦後も,総体的奴隷制,国家的奴隷制, 首長制,初期封建制などの多様な規定の提言, 小経営生産様式の発展を評価する立場の提唱など論争が続いている。日本古代社会は, 封建制領主制に基づく 中世社会移行するが,その移行は10世紀前後から顕著になり12世紀には完了する。文字の使用,仏教中国思想の受容,中国朝鮮の先進技術の導入,国家成立,律令法編纂などにより文明化が進み,一方,蝦夷えみし・隼人征服,身分制支配,租税収奪,大土地領有など政治的・経済的支配従属関係も展開した。







「古代社会」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「古代社会」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「古代社会」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus