ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

初期値

・ このページの最終更新日時 2015年11月19日 (木) 08:40




初期値」の掲示板 / コメント

Initial Value

処理を実行するに当たって変更に対して最初に設定する値。変数を宣言したときに初期値設定する方法と,プログラムの中の命令で設定する方法がある。COBOLでは,データ項目に初期値設定するために,作業場所節で指定する方法と,プログラムの手続き部で設定する方法がある。作業場所節では,データ項目定義を行う際にVALUE句を用いる。VALUE句で初期値を指定すると,プログラム翻訳時にデータ項目へ指定した値が埋め込まれる。VALUE句では,数字定数や文字定数を用いて指定を行うが,表意定数ZEROSPACE,HIGH-VALUE,LOW-VALUEなど)も使用できる。手続き部で設定するときは,命令としてSET文およびMOVE文がある。SEARCH文を使って表操作を行う場合は,指標項目へ探索を開始する添字の値を初期値として設定しておく必要がある。
COBOL
データ項目







「初期値」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「初期値」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「初期値」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus