ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

傾斜生産方式

・ このページの最終更新日時 2015年11月17日 (火) 17:39




傾斜生産方式」の掲示板 / コメント

けいしゃせいさんほうしき

戦後占領期にとられた石炭鉄鋼に重点をおいた経済復興政策石炭特別小委員会(委員長 有沢広巳)が発案,1946年12月に47年度石炭3000万トン生産を目標とした〈昭和21年度第4四半期基礎物資需給計画〉が閣議了解され,48年まで実施。GHQの許可を得て輸入した重油鉄鋼を生産,その鉄鋼を炭坑の資材として重点的に利用して石炭を増産,それを鉄鋼石炭の拡大生産に結びつける計画。政策手段として 復興金融金庫の融資, 価格差補給金交付,資材・食糧の優先的割当などが用いられた。石炭増産には成功したが,〈復金インフレ〉を招くなどの副作用もあった。







「傾斜生産方式」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「傾斜生産方式」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「傾斜生産方式」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus