ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

イタリア

・ このページの最終更新日時 2016年8月30日 (火) 13:20




イタリア」の掲示板 / コメント

Italia

南ヨーロッパアルプス山脈の南側からイタリア半島南端に至る地域と,シチリア島サルデーニャ島などの島々からなる国。伊太利,伊。英語名イタリー(Italy)。
〈概要〉イタリア共和国Republic of Italy面積30.1万2。人口5,738万(1996)。首都ローマ。住民はイタリア人。言語はイタリア語宗教カトリックが主。政体共和政。元首は大統領。通貨単位リラ(lira)。1999年よりヨーロッパ一通貨ユーロを導入。
〈自然〉アルプス山脈とその延長であるアペニン山脈が国土の大部分を占め,半島南半部からシチリア島などの島々にかけては火山が多い。両山脈にはさまれたパダノ=ベネタ平野ポー川などの水利に恵まれ,同国第1の農業地帯・工業地帯を形成。海岸部は温暖な地中海性気候で,特に半島南部の夏は著しく乾燥北部の冬は寒冷。
〈産業〉小麦・米・トウモロコシ・野菜・ブドウなどを産し,酪農もさかん。ワイン生産量は世界第1位。ミラノ,トリノ,ジェノバの3市を結ぶ「三角地帯」で鉄鋼自動車化学繊維などの工業が発達。国家資本が参加したIRI(産業復興公社)などの公社鉄鋼化学銀行通信電力などの基礎部門で大きな比重を占め,自動車・機械・繊維などの部門は民間の大企業グループ寡占体制にあることが特徴。南部農業不振,工業化の遅れなどから,北部に比べて貧しく,南北間の経済格差の解消が歴代政権の課題。
〈歴史〉BC2000年ごろからイタリア人諸部族半島各地に定住。BC900年以後,小アジアから来たと推測されるエトルリア人半島中部に定住。伝説ではBC753年イタリア人の一派のラテン人がローマを建設。ローマはBC5世紀から勢力を拡大してエトルリア人を没落させ,BC3世紀には半島のほぼ全域を統一。BC1世紀には地中海周辺からガリア,ブリタニアを支配するローマ帝国を形成。AD395年東西に分裂し,476年西ローマ帝国滅亡。東ゴート族・ランゴバルト族の支配後も,フランク王国神聖ローマ帝国従属中世以降は小都市国家が乱立し,諸都市金融商業資本が発展。14~16世紀フィレンツェベネチアを中心にルネサンス文化が栄えた。19世紀にイタリア統一運動リソルジメント)が起こり,サルデーニャ王国がその中心となって,1861年イタリア王国を樹立。19世紀末から「三角地帯」で工業が急成長し,現在の民間の大企業の多くが相次いで設立された。第一次世界大戦では戦勝国となったが,戦後ファシズムが台頭。1922年ファシスタ党の「ローマ進軍」でムッソリーニ内閣が誕生。第二次世界大戦の当初はドイツ側につき,1943年9月休戦してドイツ軍に報復占領されたのちは,亡命政権がドイツに宣戦布告北部に設立されたムッソリーニの新政府1945年4月末に崩壊した。1948共和政に移行19531963年,19871990年に「奇跡」といわれたほどの高度経済成長を達成した。EUの原加盟国。







「イタリア」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「イタリア」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「イタリア」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus