ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

イギリス

・ このページの最終更新日時 2016年8月30日 (火) 13:06




イギリス」の掲示板 / コメント

西ヨーロッパ,グレートブリテン島のイングランドウェールズスコットランドと,アイルランド島北東部の北アイルランドからなる連合体の王国。▽「イギリス」は,江戸末期イングランドオランダ語発音に基づいて「エゲレス」と呼び,「英吉利」の漢字を当てたのが起源。英国,英。

〈概要〉グレートブリテン北アイルランド連合王国;United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland;略称United Kingdom, UK。面積24.4万2。人口5,878万(1996)。首都ロンドン。住民はイングランド人81.5%,スコットランド人9.6%,アイルランド人2.4%,ウェールズ人1.9%。言語は英語イングランド語)が主。宗教イギリス国教会カトリック政体は立憲君主政。元首は国王(女王)。通貨単位ポンド スターリングpound sterling),略称ポンド。
〈自然〉イングランド東半部は平野が広がり,同西半部とウェールズスコットランド丘陵山地が多く,北アイルランド台地が多い。北緯50°より北にあるが,北大西洋海流偏西風の影響で比較的温暖。
〈産業〉産業革命先進国で,かつてはマンチェスターを中心とするランカシャー地方の綿織物工業,リーズを中心とするヨークシャー地方の毛織物工業バーミンガムを中心とするブラックカントリー鉄鋼業,各地の造船業などが代表的工業であった。アメリカ合衆国日本・ドイツなどの工業発展とともに不振に陥ったが,近年は北海(ほっかい)油田の開発,新しい臨海工業地域の建設など,経済再建に力を入れている。農業は衰退し,食糧の多くを輸入に依存。
〈歴史〉BC6世紀ごろからケルト人が侵入し,その主力ブリトン人イングランドの主要部を占領。AD1世紀にイングランドがローマの属州ブリタニアとなった。5世紀からの民族大移動に際しゲルマン系アングロ=サクソン人が渡来し,ブリトン人征服して七王国を建設。829年ウェセックスエグバートが統一王国を築いた。9世紀からデーン人が侵攻し,1016年カヌートイングランド征服。1066年ノルマンディーウィリアムイングランド征服し,封建制国家の基礎を固めた。1215年貴族たちがジョン失地王に認めさせたマグナ カルタ(大憲章)は立憲政治の起源となり,1265年シモン ド モンフォールにより最初の議会が開かれた。1534年ヘンリー8世イギリス国教会首長となり,ローマ=カトリック教会から離脱。エリザベス1世時代の1588年にスペイン無敵艦隊を撃退。1600年東インド会社を設立して海外進出を本格化した。1640年からの長期議会で国王派と議会派が対立し,1649年チャールズ1世を処刑(清教徒革命)。1653年クロムウェル独裁政権が誕生。1660年王政復古したが,1688年議会ジェームズ2世追放し,王の長女メアリとその夫オランニエ公ウィレム(ウィリアム3世)をオランダから招いた(名誉革命)。1689年夫妻は共同統治者として即位する際に,仮議会が提出した「権利宣言」を「権利章典」として法制化。これにより立憲政治が確立し,国王と議会の対立は終止符を打った。一方では,17世紀後半の3度にわたるオランダとの戦争で海上覇権を確立。1707年スコットランド併合。18世紀後半から産業革命が進行し,ビクトリア女王時代(1837~1901)には「世界の工場」の地位を確立した。また,1870年代からディズレーリらの帝国主義政策によって,世界各地に植民地をもつ「陽の沈むことなき国」となり,世界市場を支配する大英帝国の黄金期を築いた。第一次世界大戦後はアメリカ合衆国など新興国の進出で独占地位を失い,さらに世界恐慌失業者増大,財政悪化をもたらしたため,1931年金本位制を廃止,ウェストミンスター条令(憲章)で大英帝国イギリス連邦へ改組。翌1932年オタワ会議でポンド圏(スターリング ブロック)を発足させ,自由貿易政策破棄第二次世界大戦ではチャーチルの指導力によって戦勝国となった。戦後植民地の多くが独立。1960EECに対抗してEFTAを結成したが,1973年脱退してEC(現EU)に加盟。







「イギリス」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「イギリス」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「イギリス」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus