ウィキまとめは誰でも自由に編集できるWikiサービスです

 操作

アメリカ

・ このページの最終更新日時 2015年11月19日 (木) 08:58




アメリカ」の掲示板 / コメント

世界最大のペット国で、飼育頭数もイヌが5500万頭、ネコが6380万頭に達するといわれ、ペットフードの扱い高も年間1兆円にのぼる。

ペット数の増加は、少子化現象と共稼ぎの世帯の増加が背景にあり、「DINKS(Double Income No Kids)からDIPS(Double Income with Pets)へ」といわれる。
それだけに、ペットに対する思い入れが強く、最近ではペットを失ったときの飼主の精神的な打撃(ペットロス pet loss)がひとつの社会問題となっている。
反面、動物虐待や捨てイヌ、捨てネコなどの問題も依然として多く、行政的には連邦政府所管の法律動物福祉法」と、各地域の実情に合わせた州ごとの「動物虐待防止法」の二重構造保護がはかられている。
内容は、法が適切に守られているかどうか常時調査を行うインスペクターによる査察制度、動物の実態を把握するための登録制度、違反者に対する罰則制度などから成り立っている。







「アメリカ」関連コンテンツ読み込み中...


コメント

記事「アメリカ」に関する感想・その他のコメントはこちらで。
記事の編集に関わる議論・質問は「アメリカ」の掲示板でお願いします。
comments powered by Disqus